セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制の概要

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品および一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

この税制を利用するためには、その方が、その年中に健康の保持増進および疾病の予防への取組(一定の取組)を行い、確定申告書の提出の際に、当該取組を行ったことを明らかにする書類を添付または提示する必要があります。

 

詳細については、厚生労働省のホームページをご確認ください。

厚生労働省ホームページ:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

 

後期高齢者健康診査の受診の証明発行について

後期高齢者医療制度における一定の取組として、後期高齢者健康診査が該当します。

セルフメディケーション税制の適用を受ける方で、後期高齢者健康診査を受診したことの証明が必要な方には、広域連合から証明書を発行します。

証明依頼書に必要事項をご記入のうえ、当広域連合またはお住まいの市町の後期高齢者医療の担当窓口にご提出ください。

 

  ・証明書交付要綱( PDFファイル:188.2 KB

  ・(様式)証明依頼書(WORD文書:21.2 KB

 

当広域連合で証明依頼書を受領後、受診状況を確認し、健診の受診が確認できた場合は郵送にて証明書を発行します。

※証明書の発行までは時間を要しますので、余裕をもって依頼してください。

 

 

 

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ