入院時食事(生活)療養費

入院時食事療養費

被保険者が入院したとき、限度額認定証の交付を受けている被保険者は食費にかかる費用のうち標準負担額だけを支払うことになり、差額がある場合は広域連合が負担します。

所得区分の低所得I・低所得IIに該当される方は、お住まいの市町にて『限度額適用・標準負担額減額認定証』の交付を受けて、医療機関窓口に提示されますと食事代が減額されます。

 

食事療養標準負担額

所得区分 標準負担額
(一食当たり)
現役並み所得者、一般 ※1 260円(平成27年3月31日まで)
360円(平成30年3月31日まで)
460円(平成30年4月1日から)
区分II 90日までの入院 210円
過去1年で90日を超える入院 160円
区分I 100円

※1 区分II、区分Iのいずれにも該当しない指定難病患者および、平成28年3月31日において既に1年以上継続して精神病床に入院しており、平成28年4月1日以降引き続き入院している方は260円になります。
 

入院時生活療養費

被保険者が長期入院したとき、被保険者は食費と生活療養にかかる費用のうち標準負担額だけを支払うことになり、差額がある場合は広域連合が負担します。

所得区分の低所得I・低所得IIに該当される方は、お住まいの市町にて『限度額適用・標準負担額減額認定証』の交付を受けて、医療機関窓口に提示されますと食事代が減額されます。

 

生活療養標準負担額

  • 平成29年9月診療分まで
区分

医療区分I

(入院医療の必要性が低い場合)

医療区分II、III

(入院医療の必要性が高い場合)

一食当たりの
食費

一日当たりの
居住費
一食当たりの
食費
一日当たりの
居住費
現役並みの所得者
一般の被保険者
460円※1 320円 360円※2

0円

区分II 210円 320円 210円※4

0円

区分I 老齢福祉年金受給者以外の方 130円 320円 100円

0円

老齢福祉年金受給者 100円 0円 100円 0円
  • 平成29年10月診療分から平成30年3月診療分まで
区分

医療区分I

(入院医療の必要性が低い場合)

医療区分II、III

(入院医療の必要性が高い場合)

一食当たりの
食費

一日当たりの
居住費
一食当たりの
食費
一日当たりの
居住費
現役並みの所得者
一般
460円※1 370円 360円※2

200円※3

区分II 210円 370円 210円※4

200円※3

区分I 老齢福祉年金受給者以外の方 130円 370円 100円

200円※3

老齢福祉年金受給者 100円 0円 100円 0円
  • 平成30年4月診療分から

区分

医療区分I

(入院医療の必要性が低い場合)

医療区分II、III

(入院医療の必要性が高い場合)

一食当たりの
食費

一日当たりの
居住費
一食当たりの
食費
一日当たりの
居住費
現役並みの所得者
一般
460円※1 370円 460円※1※2

370円※3

区分II 210円 370円 210円※4

370円※3

区分I 老齢福祉年金受給者以外の方 130円 370円 100円

370円※3

老齢福祉年金受給者 100円 0円 100円 0円

※1 保険医療機関の施設基準などにより420円になる場合があります。

※2 指定特定医療を受ける指定難病の患者は260円になります。

※3 指定特定医療を受ける指定難病の患者はこれまでどおり0円となります。

※4 過去1年で90日を超える入院の場合は一食当たり160円となります。
 

申請方法

お住まいの市町の後期高齢者医療担当窓口で申請をお願いします。

申請に必要なもの
  1. 本人確認ができるもの(運転免許証など)
  2. 印かん(認印でも可)
  3. 入院費用の領収書(写しでも可)
  4. 振込先口座の確認ができるもの
申請様式等のダウンロード

 

問い合わせ

佐賀県後期高齢者医療広域連合
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地 佐賀市大和支所3F
電話:0952-64-8476 ファックス:0952-62-0150

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright (C) 佐賀県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ